飼い主さんが注意すべき犬の皮膚病|わんちゃんヘルスケア情報局

先生

ペットに体力を戻そう

犬

体を支える歩行器

最近は車椅子を使っている犬も多くなりました。病気で後ろ足が麻痺したり高齢で体力のない体を支えたりしています。また、ヘルニアなどのリハビリや体質で骨の弱い犬にも使われます。以前なら動けなくなって寝たきりになってしまった犬が、車椅子のおかげで体力を取り戻し生き生きと走り回っています。飼い主にとってこんなにうれしいことはありません。この車椅子を作成する工房も最近は増えてきて手に入りやすくなりました。車椅子も二輪車、四輪車がありその犬の体調により使われています。二輪車は後ろ足が麻痺したり弱っている犬のリハビリ用に使われています。四輪車は全体的に体力の落ちている時に使われます。どちらを使うかは犬の体調や工房、医師のと相談して決めましょう。

飼い主の負担も減る

車椅子を使うことで犬は動けるようになります。排泄なども自分でできるようになるので飼い主の負担は減ります。車椅子に抵抗のある飼い主も多いのですが、工房に見学に行って話を聞いてみるのもいいでしょう。車椅子で元気になった犬はたくさんいるのです。車椅子は工房が近くにない場合は取り寄せもできますが、やはり体にあったベストなものを選びたいものです。なるべくなら犬を連れて行き採寸して作ってもらったほうがいいでしょう。最近はその車椅子も機能性だけではなく見た目もおしゃれになってきました。形のバリエーションもいろいろあり、タイヤのカラーや大きさも選べるものがあります。この遊び心も犬に対する愛情の表れでもあります。