飼い主さんが注意すべき犬の皮膚病|わんちゃんヘルスケア情報局

ドッグ

ペットに体力を戻そう

犬

車椅子は病気のリハビリや足が麻痺した犬に使われます。また、体力の弱った犬の体を支える役目も果たします。寝たきりの犬も起き上がれるようになり飼い主の負担も軽減します。最近はその機能性も増し、おしゃれな車椅子が増えてきました。

View Detail

わんちゃんの健康

ドッグ

皮膚の状態

今はペットとして犬を飼っている家庭がとても多いですね。特に犬はとても人懐こく、人間と同じように家族の一員として大切にされている子も多いでしょう。そんな大事な家族のわんちゃん達ですが、皮膚病にかかることが多いのはご存知でしょうか。この皮膚病にはたくさんの種類があり、その一つでは犬がかかる皮膚病の中で一番多いのが細菌によるもので、特に膿皮症というものがかかりやすいと言われています。これは強いかゆみを伴い、わんちゃんも我慢できず掻きむしってしまいます。発疹が出ることもあり、皮膚の柔らかい部分に特に症状が出やすいようです。しかし細菌が原因でもかゆみが出ないものもあり、大量のフケが出たり円形脱毛を起こすこともあります。皮膚病というくらいですので、何にせよ皮膚を清潔にすることが大切です。また常にわんちゃんの健康状態を把握するようにし、異変に気付いた時はすぐ病院で診てもらうようにしましょう。

健康管理は飼い主の責任

清潔に保とうと思うばかりに、シャンプーを過剰にするのも良くありません。何でもほどほどにすることも大切ですよ。トリミングやブラッシングも予防になりますので、日常的にしてあげるようにしましょう。また犬も人と同じように、ストレスが原因で体調を崩してしまうことがあります。その中に皮膚病もありますので、飼い主もわんちゃんもお互いが幸せに暮らせるような環境作りも心掛けたいですね。一時期のペットブームにより犬を飼い始めたご家庭も多いですが、中には最後まで面倒を見てもらえない子が増えているのも事実です。やむを得ない理由があることもあるでしょうが、やはり最後まで責任をもって一緒に過ごして欲しいですね。また再びペットブームがやってくる日もあると思いますが、まずは本当に最後まで一緒に居られるかどうかを、冷静に考えて欲しいと思います。

予防をしつつ様子を見る

犬

椎間板ヘルニアは、犬でもよく発症してしまう病気のひとつです。なるべく、床が滑らないように滑り止めをひいてあげるなどして、対策をしてあげることが大切です。そして定期的にかかりつけのお医者さんに診察をしてもらうといいです。

View Detail

ペットの治療と予防をする

先生

千葉の動物病院では、犬や猫以外にも小鳥やハムスターの治療も行います。伝染病の予防接種も行なうので、病気の治療以外にも予防措置のために利用することもできるのです。健康増進をさせる特殊なペットフードやサプリメントも取り扱っているので、多くの人に利用されています。

View Detail